東京理科大学発ベンチャー企業のアクテイブ(千葉県野田市)は、再生炭素繊維を複合化したポリプロピレン(PP)を開発した。炭素繊維とPPの複合化は難しいとされてきたが、同社独自のナノサイズのカプセルにアンカー効果などを有する物質を封入、炭素繊維の表面に表面処理を行うことでPPとの接合強度を大幅に高めた。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は航空機向けなどで需要が拡大する一方、使用後のリサイクルが課題。同社は自動車向けなど金属代替材料として幅広い用途への適用を検討していく。続きは本紙で

射出成形で曲面がある材料も得られる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る