環境省は、海洋プラスチックごみ対策の強化に向けて学際的な研究会を立ち上げる。海洋学や生物学のほかプラスチックの専門家なども加え、海洋でのプラスチックの動態や生物への影響などを明らかにする。新素材開発などイノベーションによる問題解決につなげたい考え。6月のG20に向けて具体化を進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る