環境省は、リサイクルが進んでいないプラスチックを対象とした再資源化技術・プロセス開発の支援に乗り出す。異種素材を用いた複合プラ製品のようにコストの観点から困難とみられている廃プラを対象に、リサイクル技術を確立しようとする事業者に補助を行う。単純焼却や埋め立てなどに回っていた廃プラの量を減らし、リサイクルの仕組みに落とし込むことで、国内循環の促進につなげる。低コストな分離技術が確立できれば、生分解性樹脂とバリア素材などを組み合わせた多層包装材料などの普及にも結び付く。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

 

環境・規制・行政の最新記事もっと見る