産業技術総合研究所とNECは、最新のAI(人工知能)技術を用い、化学プラントの早期復旧を支援する技術を開発した。化学プラントシミュレーターを用いた検証、シミュレーションと自動推論(論理推論)の融合技術により、異常発生時に早期復旧するための対処操作を導出することに成功したもの。人工知能研究センターの冠ラボ「NEC-産総研人工知能連携研究室」が取り組んでいる、シミュレーションとAIを組み合わせ、産業応用につなげる研究の成果。実際の化学プラントで実証を行っており、今年度中にも結果を発表する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る