田渕海運は運航船舶の増強、更新による船隊整備を進める。内航ケミカルタンカーでは今年3月に1タンク1ポンプのディープウエルポンプ方式の採用など安全性、品質管理、作業効率の向上に配慮した2隻の新船を投入したのに続き、2019年、21年にそれぞれ1隻の専用船を相次ぎ新造する。さらに今後、LPG船3隻、外航船5隻の建造も計画している。老朽船のリプレースを含めて新鋭船を投入することにより競争力を強化し、市場での存在感を一段と高める。

内外航併用の「ディアナマリン」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る