白銅(東京都千代田区)は、金属3Dプリンター受託造形サービスの基盤拡充を図った。新たに神奈川工場(神奈川県厚木市)に検査室を設置し、品質管理・測定機能の社内体制を強化。3Dスキャナーによる寸法測定をはじめ、同時成形したテストピースによる引っ張り強度や硬度、密度のデータ提供に対応する。寸法測定ではスキャンして作成した点群データをCADデータと重ね合わせることで造形物の偏差をカラーマップとして表示する。同社では品質管理の強化をベースに同受託造形サービスのさらなる利用拡大を推進する。続きは本紙で

金属3Dプリンターで作成した部品

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る