石原ケミカルは4月26日、酒井保幸専務取締役営業本部長が代表取締役社長に昇格する人事を内定した。時澤元一社長は代表権のある会長に就任し、竹森莞爾代表取締役会長は相談役に退く。6月26日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。
 〔酒井 保幸氏=さかい・やすゆき〕71年(昭和46年)神戸市立御影工業高等学校卒、川崎製鉄(現JFEスチール)を経て73年石原薬品(現石原ケミカル)入社。03年取締役第三営業部長、07年常務取締役営業管掌兼東京支店長、13年専務取締役営業本部長兼ナノインク事業推進部長、16年専務取締役営業本部長、17年石原化美(上海)商貿有限公司董事長兼務。兵庫県出身、66歳。(2019・5・7・11)

新社長の最新記事もっと見る