地球が誕生したのが46億年前で、生命が誕生したのが40億年前。そして、多細胞生物が生まれたのが10億年前で、生物が陸上に進出したのが4億年前とされている▼生物が陸上に進出できたのは、植物のおかげで増えた酸素が上空でオゾン層を形成し、紫外線の脅威が弱まったため。しかしながら陸上は環境変化の激しい場所だ。地震、津波、火山噴火、周期的に訪れる寒冷期(氷期)と海水面の変動といった自然現象に加え、隕石の衝突など突然の危機も襲ってくる▼環境破壊や地球温暖化ガスの増加など、20世紀以降に人類が引き起こしてきた問題について、人類の罪悪であり昔の生活に戻るべきと主張する向きもある。しかし、エアコンの効いた部屋でスポーツ観戦する幸せを否定してどうする。この幸せを守るにはどうしたら良いのか。研ぎ澄まされた人類の英知をもって対応すべきだ▼ショッピングセンターの片隅で、新潟燕三条の刃物フェアをやっていた。そういえば新しい包丁が欲しいと思っていたので覗いてみる。愛想の良いベテラン販売員が勧めてきたのは、明日までなら大幅値引きという三徳包丁。手打ち鍛造された、日本刀のような美しい刃文に魅せられ、つい買ってしまった。さっそく試し切りとばかりトマトを切ってみて感動。丁寧に研いで長く使いたい。(18・7・24)

PDF版のご案内

新聞購読のご案内

精留塔の最新記事もっと見る