狙った位置に必要量だけを高精度に吐出できるインクジェット(IJ)プリンター。対象物は従来の紙に加え、テキスタイル、パッケージなど幅広い分野に拡大している。その背景にあるのは社会ニーズとの相性の良さだ。IJは小ロット・短納期、オンデマンド、低コスト、環境対応といった足元の社会的要請を満たす。装置やインクなどの高度化にともないIJ技術は成熟期に入り、次はプリンテッドエレクトロニクスやライフサイエンス分野に照準が定まる。覇権争いが激化するIJ業界の最前線を追った。続きは本紙で

リコーは世界初のIJ技術によるリチウムイオン2次電池(LiB)の製造技術を開発。デバイスの空きスペースに合せてLiBを製造できる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る