パナソニックは、サイバーセキュリティサービスを広く展開する。制御機器への攻撃増加やIoT(モノのインターネット)普及を受け、社内で利用している外挿用異常検知デバイス(写真)など、セキュリティ施策をパッケージ化し外販する。今年度をめどに工場向けに提供する予定で、グループ連携によるスマートビル・オフィスなど企業向けや、スマートホームなど民生用途への拡大も想定する。コネクテッドカーなどの開発向けも取り込み、長期的に育成を図る方針だ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る