神奈川県や横浜国立大学などは、文部科学省の支援を得て毛髪再生医療を5年以内に実用化する。横浜国大の福田淳二教授の知見に基づき、毛髪を生み出す「毛包」を人工的に作って頭部に移植する。毛包に着目した再生医療に取り組む例は他にもあるが、福田教授の手法はシンプルで大量培養に向く。2年以内にベンチャーを立ち上げ、5年以内に自由診療として普及を目指す。

幹細胞の培養に必要な酸素を通しやすいシリコーン製の培養容器

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る