神島化学工業は主力の詫間工場(香川県三豊市)の生産設備を増強する。今期中にも難燃水酸化マグネシウムを製造するためのオートクレーブ(高圧反応装置)を1機追加導入し、生産能力を最大で約3割引き上げる計画。投資額は数億円規模になる見込み。同社は成熟産業である窯業系建材事業からマグネシウム製品を展開している化成品事業への事業転換を進めている。そのため、化成品事業の主力品の一つである難燃水酸化マグネシウムの増産体制を構築し、海外を中心に販売を伸ばしていきたい考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る