神鋼環境ソリューションは、岡山大学と共同で金属ナトリウム分散体を用いた新規のクロスカップリング技術を開発した。安価で資源枯渇リスクの小さいナトリウムや有機塩素化合物を利用するのが特徴で、高価で希少なリチウムなどを使用する従来技術に比べて低コスト化が図れる。また、廃棄物としてはクリーンな塩化ナトリウムしか排出されない。電気自動車(EV)の普及など、今後さらにリチウムイオン電池の需要が見込まれるなか、同社はリチウムを必要としないサステイナブルな反応技術として、2022年以降の実績化を目指していく。続きは本紙で

金属ナトリウム分散体

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る