食べ物の美味しい季節である。サンマはそろそろ終わりだが、サケもこの時期が旬。サバやカキも旨みを増す。山の幸なら柿や栗、サツマイモの収穫期。それに松茸を筆頭とする各種のキノコなどが、秋の味覚のランキング上位だろうか▼ギンナンも秋に存在感を示す。土瓶蒸しには欠かせないし、炊き込みご飯や天ぷらもいける。殻ごと塩煎りすれば酒のお供にうってつけ。殻をむく手間があるが、一粒食べたらもう一粒と止まらない。勢い酒も進んでしまう▼カロテンやビタミンB群、ビタミンC、それにカリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富だ。古くから滋養強壮に効能があるといわれ、民間療法に用いられてきた。その一方、通称ギンコトキシンという中毒成分を含むため、食べ過ぎに注意が必要だ▼ギンナンの実(種子)をつけるイチョウの木は、国内では黄葉時の美しさと生命力の強さから各地の街路樹に利用されている。世界最古の樹種の一つながら、いまはレッドリストの絶滅危惧IB類に指定された「生きている化石」でもある▼イチョウの葉は種子と同様に有用成分が豊富で、これも古くからさまざまな用途で利用されてきた。他の植物に比べて油脂分が多いのも特徴の一つ。うっかり濡れ落ち葉を踏むと滑りやすい。イチョウ並木では、歩道でも車道でも用心が必要だ。(18・11・19)

PDF版のご案内

新聞購読のご案内

精留塔の最新記事もっと見る