【上海=但田洋平】稲畑産業の上海市のOEM(相手先ブランドによる生産)専門拠点が業容拡大のステージを迎えている。設立から10年余りで、主力のイソシアネート系塗料硬化剤事業は自動車向け中心に高いシェアを築いてきた。足元では厳格化する環境規制やコスト増を受けて各種化学品の生産を外注する動きが目立ち、新規ビジネス獲得の機会が増えている。第2期の増強を終え、今後は製品ラインアップを増やしたいとの原料メーカーなどの要望にも“頼れる黒子”として応えていく。

生産能力を5割増強した上海稲畑精細化工

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る