積水化学工業は、自動車ガラス向け合わせガラス用中間膜の研究センターを中国に近く設置することを計画している。中間膜の研究拠点は昨年6月に設置したオランダに続く。同社が中間膜の海外研究網を拡充するのは、自動車産業が100年に1度の大変革期を迎えていることが背景にある。次世代車で電気自動車(EV)に舵を切る中国の先端動向を探索し、新たな中間膜の開発につなげる。 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る