積水化学工業の知財戦略「IPランドスケープ(IPL)」が着々と進んでいる。最大の特徴は将来の超大型案件にターゲットを絞る点。競合他社の重点テーマの推移、論文、新聞報道といった非特許情報からライバルの将来戦略をあぶり出し、未来の競争相手や市場環境を想定したIPLを展開する。将来に狙いを定めるため、技術や市場が変化するリスクがつきまとうが、定期的に特許の棚卸しを実施し、新たに群管理システムを導入することでマネジメントを強化。独自のプログラムで知財人材を育成し、「将来の大物ビジネス」を虎視眈々と狙う。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る