積水化学工業は17日、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などを手掛ける米AIMエアロスペースを買収すると発表した。買収総額は5億1000万ドル(約561億円)を見込み、過去最大の買収案件となる。今年後半に子会社6社を含め全株式を米ファンド会社から譲り受ける予定。AIMが手掛けるCFRPなどの複合材成形品は航空機やドローンに採用されており、とくにボーイング向けで豊富な実績がある。積水化学は買収により新規参入が難しい航空機分野などへ本格参入するほか、積水化学が有する耐火・難燃材や航空機向け成形用プラスチックシートなどとのシナジーを発揮させる。自動車を含めモビリティ材料領域で2025年度売上高2000億円(18年度実績は1198億円)という目標達成につなげ、このうち航空機分野で500億円を目指す。また欧州のエアバス向けなどへの事業拡大を視野に「航空機分野での更なる買収を検討していく」(髙下貞二社長)考えだ。続きは本紙で

会見する髙下社長

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る