積水化学工業は細胞培養(セルカルチャー)向けの新規事業を立ちあげる。再生医療製品などの研究開発や製造に用いる合成培地や足場材といった様々な周辺部材をグループ企業を含めて総出で手掛け、国内外で拡大する需要を取り込む。2020年度からスタートする経営計画では細胞培養分野を強化領域に位置付ける方針で、高機能樹脂や住宅などに続く第4のカンパニーとして育成中のメディカル事業の成長加速につなげる。続きは本紙で

細胞分化マーカーの多項目同時定量などを用途として見込む検査チップの試作品

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る