積水化学工業は、フィルム型リチウムイオン2次電池(LiB)で車載向けの開発を強化する。住宅向け蓄電池システムとして需要の伸びが見込まれるため、子会社を通じ増産体制を整備している段階だが、これと並行して車載向けの採用を目指し開発体制を強化する。この一環として、R&Dセンターのある茨城県つくば市に約20億円を投じて研究開発施設を新設し、今秋から立ち上げる計画だ。高容量で省スペースといった特性に磨きをかけ、LiBメーカーとして車載向けでも本格展開を狙う。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る