積水化成品工業は、有機微粒子ポリマーを主力製品・事業に育成する。新製品開発を強化しており、中空タイプを戦列に加えたのに続き、微粒子表面のコーティングなど複合化による機能付与も研究開発テーマに挙げる。球状粒子の持つ光拡散効果が評価されディスプレイ用途で多くの実績があるが、自動車内装用塗料など光学分野以外の用途開拓にも力を注ぐ。品揃えの拡充なども見据え、設備投資も決めた。数億円を投じて滋賀県甲賀市の製造子会社で生産能力を2~3割増強し、今年度中に稼働する。


中空構造の微粒子ポリマーを品揃えするなど研究開発に注力

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る