- 3月末で3カ年中期経営計画が終了します。

 「食品容器、農水産箱などを扱う生活分野は全国各地に構えるグループ会社それぞれが他社品を含めさまざまな素材を組み合わせ加工した商材の提案に努め、工業分野は自動車部材や液晶ディスプレイ(LCD)関連用緩衝包装材などに用いられる樹脂発泡体の成形加工拠点拡充をはじめグローバル展開を推し進めた。製造現場では従業員たちが改善活動に励んでくれた結果、モノづくり力の強化が図られ、物流改革に取り組んだ効果も表れている」

 - 新製品開発の取り組みについては。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る