第一三共エスファは、新しい剤形や投与経路など、製剤の機能性を高めた「スーパー・ジェネリック」の開発を強化する。いまは国内最多の製品数を持つオーソライズド・ジェネリック(AG)戦略で業績を伸ばしているが、次は「AGを超えた」後発薬の価値を追求する。数量シェア80%目標を達成した後の2020年代を見据え、新たな戦略の柱として付加価値の高いジェネリック医薬品(後発薬)ビジネスを展開していく。AGのみに依存しない製品ポートフォリオを構築し、新薬系後発薬メーカーでは初の売上高1000億円超えをめざす。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る