第一実業はファーマ事業において医薬品関連装置への取り組みを強化する。グループ企業の「第一実業ビスウィル」と連携し、国内では錠剤の外観検査と印刷を一体で行える「錠剤印刷検査システム」や錠剤印刷用インクの提案を拡大。海外では2019年をめどに、錠剤印刷機に搭載できる廉価版の小型錠剤印刷機など、海外市場を考慮した次世代モデルを投入することによって、アジア市場の開拓を本格化していく方針だ。

外観検査と印刷・印刷検査を融合した無人運転対応システム「TIPS-EX4-CD」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る