第一実業は、米CrucialTrak(クルーシャルトラック)社製の非接触マルチ生体認証システムでファクトリーオートメーション(FA)市場を開拓する。第一実業が開発に協力した生体認証システム「BACS Tube」が、工場などの製造工程において非接触でセキュリティーおよびトレーサビリティー管理を実現できることから提案を推進。2019年度には世界市場を対象に、BACS Tubeの販売台数を年間1500台に引き上げることを目指す。

生体認証システム「BACS Tube」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る