第一実業は自動車事業を拡大する。2018年にモーターやADAS(先進運転支援システム)などのテーマごとに7つのプロジェクトチームを編成したことに次いで、この4月には自動車事業本部を新設、これを機に自動車市場の開拓を本格化する。自動車産業で今後、機電一体型モジュールなど先進的な製品の普及が見込まれるなか、新組織を確立することによって国内外の顧客に対し各種ソリューションを提案していく方針だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る