第一工業製薬は、セルロースナノファイバー(CNF)で用途の多角化を見据えた取り組みを加速する。リチウムイオン2次電池(LiB)の正極材料に適用することで、性能向上が見込める点を訴求。電池メーカーに採用を働きかけるほか、化粧品や日用品向けでは取引拡大を目指し新たに粉末品を開発した。添加剤メーカーである同社は顧客の要望に合わせた製品の改良など、きめ細かい対応で定評がある。CNFの提案でもそのノウハウを生かした他社との違いを打ち出し、競争を優位に進める。


自社のCNF「レオクリスタ」で粉末品も新たに開発した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る