第一工業製薬は、リチウムイオン電池(LiB)用部素材の開発を加速する。セルロースナノファイバー(CNF)とカルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC)を組み合わせた導電助剤分散体を新たに開発した。カーボンブラック(アセチレンブラック)をはじめ各種導電剤の分散体作製が可能で、すでに顧客での性能評価が進んでいる。このほか、隣接電池の類焼(破裂・発火)防止効果を発揮するウレタン系類焼防止材を展開、用途開拓に力を注ぐ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る