第一精工のロボット向けトルクセンサーが順調に出荷を続けている。同社の静電容量型トルクセンサーはロボットや自動組み立て装置の回転動作時に発生するトルクを検出し制御する。主に安川電機向けに出荷しており、医療介護など他の用途にも拡販することで、2020年には売上高を17年度比5倍に増やす考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る