第一精工は、MEMS(微小電気機械システム)センサー技術を使った新製品の開発を加速する。多角的かつ多目的なセンシングを行うMEMS超音波センサーは、3次元駆動センサーとしては業界最薄となる0・38ミリメートルを実現した。ロボットやドローン(小型無人機)などへの搭載を想定しており、実装に向けパートナー数社と交渉中。食品工場などへの導入を目指す匂いセンサーは2019年の市場投入を予定している。

超音波式3次元駆動センサーは業界最薄となる0・38ミリメートルを実現(上)。匂いセンサーは機能学習との連動を想定(いずれもプロトタイプ)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る