11月29、30日に国立京都国際会館(京都市左京区)にて、第三回国際シンポジウム「コメとグローバルヘルス~コメとコメ糠の科学とファイトケミカルス~」が開催される。世界におけるコメ生産や経済、環境に関する状況、コメ食による疫学、疾病予防への効果、コメ有用成分の作用メカニズムなどについて、関連する産官学の研究者や技術者、さらにコメを通した教育・行政に携わる人たちが一堂に会し、最新の研究動向を発表するとともに現状の問題点を論じる。また、12月1日には市民公開講座を京都烏丸コンベンションホールにて予定している。
 参加費(事前登録)は5日までの申し込みが一般2万円、学生5000円、同伴者1万円。それ以降は一般2万5000円、学生6000円、同伴者1万5000円。参加登録はシンポジウムウェブサイト(https://www.c-linkage.co.jp/rice-studies/registration.html)より。(2018/11/2/10)

業界情報の最新記事もっと見る