色材協会が12月6日、7日に開催。商業印刷・産業用途向けの高速印刷技術「ページワイドアレイ」、UV¥外字(904b)ゲルインク技術、エレクトロニクス・バイオ・ウェアラブル等への技術開発の最新動向などについて各社の技術者らが講演。会場は東京都千代田区の日本大学理工学部1号館CSTホール。主な講演者の所属先は次の通り。  12月6日=富士フイルム、リコー、東北大学、Kornit Digital Asia Pacific社、HP社、DIC、同7日=大阪大学、富山大学、Oce Technologies社、早稲田大学、SIJテクノロジ、カシオ計算機  受講料は主催・協賛学協会会員2万9000円、会員外3万9000円、学生会員6000円、学生会員外9000円。色材協会ホームページ(http://www.shikizai.org/)かFAX・メールで申し込む。定員300人になり次第、締め切り。問い合わせは同協会(電話03-3443-2811、FAX同3699、メールadmin@jscm.or.jp)まで。(2018/9/3/3)

業界情報の最新記事もっと見る