筑波大学の家田真樹教授らの研究グループは、心臓内の繊維芽細胞に注入するだけで心筋や血管を直接再生できる遺伝子「Tbx6」を発見した。繊維芽細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)の元になるが、一旦iPS細胞にしてから心筋を再生した場合、最終的に開胸手術で移植する必要がある。直接心筋にすることで、侵襲性の少ない、カテーテル手術のような再生医療の実現につながるほか、iPSなど多能性幹細胞とTbx6を組み合わせれば、薬剤の効能を調べるための心筋モデルを安価に作成できる可能性もある。

ES細胞から誘導された心筋細胞。右上の拡大図は心筋に特徴的な横紋構造

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る