エンジニアリングシミュレーション大手の米アンシス(ANSYS)は日本市場で年平均20~30%の高成長を目指す。同社は5月、光学シミュレーション大手の仏オプティスを買収し、自動車開発のシミュレーション技術を強化している。内装素材や外装に使う塗料などの材料選定にもシミュレーションが重要になっており、売り上げは右肩上がりが続く見通し。「これからはユーザー側から生産が始まる。モノづくりの大変革が起きる」(オプティスのジャック・デラクール社長)とみている。

デラクール社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る