米キーサイトは、5G(第5世代通信)に向けたテストソリューションを強化する。5G関連を最重要項目と位置づけ、ミリ波帯の利用に向けた製品開発に注力。周波数発生器や計測機器、ソフトやサービスをエンドツーエンド(E2E)で展開する。電子計測器やシミュレーションなどと合わせて、デバイスからネットワーク全体までテストソリューションを提供する。日本は韓国とともにミリ波帯モバイル通信の先行地域と位置づけ、2020年東京五輪での5G商用化やそれ以降の高ギガヘルツ帯利用に向けた顧客連携を進めていく。

ミリ波帯通信のテストに向けた製品・ソリューションを強化する(新開発の44ギガヘルツ対応信号発生器)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る