米クーパースタンダード(ミシガン州)は、独自の高機能エラストマー「フォートレックス」を軸に非自動車分野の市場開拓を推進する。優れた圧縮永久歪み特性や耐候性などの特性と加工バリエーションの豊富さを武器に市場開拓を本格化。日本では建築用途やシューズを主力ターゲットに幅広い提案活動を展開する。同社ではグローバル市場で年率10%の成長を見込んでおり、事業規模を現在の270億円から2025年に1100億円程度へ拡大する計画。続きは本紙で

加工バリエーションが豊富なフォートレックスのプロセスタイプ群

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る