【上海=但田洋平】米中の貿易摩擦が両国が高関税をかけあう貿易戦争に突入した。知的財産の侵害を理由にトランプ米政権は6日、中国からの輸入品340億ドル(約3兆7400億円円)分に25%の追加関税をかける制裁に踏み切り、中国も同規模の報復措置を採った。日系化学企業への直接の影響は限定的とみられるものの、好調な収益を支えてきた自動車や電子材料事業の拡大に冷や水をあびせかねない。衝突の長期化は企業活動を停滞させ、中国経済の減速リスクも高まる。

米国からの輸入品は対象外製品でも通関業務の遅れなどが相次いでいる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る