純正化学は主力工場の茨城工場(茨城県北茨城市)に小中規模合成設備の導入を計画している。バルク生産に対応した茨城工場に、小・中スケールの試作に対応した設備を導入することで、効率的なスケールアップが可能になる。今後、顧客のニーズを見極めながら生産品目を決める。電子材料向けの中間体など機能化学品が候補に挙がっている。2020年度の稼働を目指す。


茨城工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る