経済産業省は、植物や微生物の細胞が持つ多様な物質の生産能力を人工的に最大限引き出した「スマートセル」の大量培養技術開発の支援に乗り出す。国内に設ける国際的なバイオ研究拠点にオープンな量産実証プラントを整備。合成生物学とスケールアップ技術を駆使し、社会実装に向けた課題であるコストの大幅な低減を進める。高機能品だけでなくプラスチック原料や燃料などバルク製品へのバイオ生産プロセスの適用を目指し、技術開発を加速する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る