経済産業省は国内に「カーボンリサイクル」の2大研究開発拠点を整備する。CO2分離・回収型IGFC(石炭ガス化燃料電池複合発電)の開発が進む広島県豊田郡と、CO2回収・貯蔵(CCS)の大規模実証試験を実施している北海道苫小牧市の2カ所。いずれもCO2分離・回収に取り組んでおり、排出されたCO2を再利用するカーボンリサイクルの研究開発・実証の拠点へと発展させる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る