経済産業省は今年度、タイで資源リサイクルの実証試験を開始する。自動車と電気・電子機器が対象。近く支援対象を決定する。インフラシステム輸出戦略の一環として取り組むもので、現地の環境負荷低減と同時に、日本のリサイクル産業の海外展開に道筋をつける。有用金属の新たな獲得手段としての期待も高い。東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心に他国でのさらなる事業化調査(FS)も検討。アジア規模の循環システム構築につなげていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る