経済産業省は、プラント設備の損傷・腐食などの予測技術の実証事業を統合する。プラント保安分野のコネクテッド・インダストリー(CI)推進策の一環。これまではプロジェクトごとにデータ利活用の共通プラットフォーム整備、損傷・腐食の予測モデル構築などを進めてきたが、関係業界の意向を受けてプロジェクト間で情報を共有して効率化を図る。一般損傷確率データベース、配管の内面腐食予測モデル、外面腐食予測モデルなど7つの実証事業を統合的に運用する。同省の「産業データ活用促進事業」などを活用し取り組みを加速する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る