経済産業省は、リグノセルロースナノファイバー(リグノCNF)の用途開拓に本腰を入れる。新たに大型用途先を発掘するための開発可能性研究(FS)を開始。従来のサンプル提供を中心とした取り組みの限界を打ち破る。製造プロセスの効率化では着実に成果をあげてきた。大口需要を見いだすことで量産効果を引き出し、一段の製造コスト低減を図る。 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る