経済産業省は9月下旬にエネルギー分野の国際会議を相次いで開催する。水素エネルギー、カーボンリサイクル、液化天然ガス(LNG)に関するもので、各国から閣僚や政府関係者、国際機関、関連企業や研究機関などが東京に集う。脱炭素社会を実現するには、再生可能エネルギーの導入だけでなく、多様な選択肢についての議論を深める。日本がホスト国を務めることで国際連携構築に向けた取り組みを主導し存在感を高める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る