経済産業省は、特許や論文を読み取り、人工知能(AI)が学習に利用できる形式に変換する技術の開発に乗り出す。素材分野の「コネクテッド・インダストリーズ(CI)」実行計画を具体化するもの。これらを活用するためのアプリケーションも整備し、素材企業のオープンプラットフォームとする。AIの能力向上にとって、学習量は最も重要な要素の一つ。機械を使った実験成績の集積にも着手し、AIが学習の糧とするデータの絶対量を増やす。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る