経済産業省は、素材分野の「コネクテッド・インダストリーズ(CI)」実行計画を策定した。各社が活用しきれていない技術や公開データを共有するためのプラットフォーム整備、化学に通じたデータサイエンティストの育成などの4つの取り組みを盛り込んだ。個社で有するさまざまなデータを異業種にも開放・共有、素材側からの提案力を高め、化学産業の新たな付加価値創出を狙う。補正予算も活用し、具体化を急ぐ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る