経済産業省は、代替フロンであるハイドロフルオロカーボン(HFC)の製造、輸入、輸出を行っている全国の事業者を対象とした調査を開始する。2019年1月から削減義務が生じるHFCの基準値を正確に設定するためで、規制物質となるHFC18種類の取扱量の申告を求める。近く調査票を発送し、9月にとりまとめる予定。結果に基づき、国内生産・消費量の上限を決める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る