経済産業省はウクライナ情勢などの新たな課題に対応した産業政策を打ち出す。ロシアのウクライナ侵攻により国際経済秩序が揺らぐなか、日本がその大きな変革期に主体的な役割を担うための方策を検討する。物資、資源の国際的な供給途絶リスクを回避するために資源循環経済政策の再構築も図る。新たな経済成長のフロンティアとして期待されるWeb3.0(ウェブスリー)に対する政府の役割も示していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

環境・規制・行政の最新記事もっと見る