経済産業省は23日、クリーンエネルギー戦略策定に向けた有識者会合を開催。カーボンニュートラルや移行期におけるエネルギーコスト上昇が各産業に与える影響とその対応策などを有識者から意見聴取した。デロイトトーマツコンサルティングは、石油化学基礎製品の製造プロセスにおける熱源を化石燃料から水素に転換した場合、2030年ごろに製品製造時のエネルギーコストが現状比で43%上昇するというシナリオ分析結果を示した。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

環境・規制・行政の最新記事もっと見る