綜研化学は今年度、国内の生産設備強化に20億円を投じる。浜岡事業所(静岡県御前崎市)で新しい建屋を建設。配管などインフラを含めたレイアウトの刷新により、多品種生産に対応する機動力を高める。当初は反応釜の導入のみによる増強を想定していたが、将来を見据えて抜本的な合理化を推進する。投資額は10億円。このほか、狭山事業所(埼玉県狭山市)を含めた老朽設備の更新に10億円を投じる。来年度以降も浜岡事業所に中量クラスの反応釜を導入するなど増強を進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る